レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » 僕は月初が嫌いだ!

僕は月初が嫌いだ!

category : テクニカル分析 2013.8.7 

僕は、月初が好きではありません。

何故かというと、重要な経済指標の発表が目白押しだからです。

特に第一週目には米国のISM景況指数や貿易統計、雇用統計などの発表がありますよね。

指標発表後の超短期的な動きを狙ったトレードを好むトレーダもいるようですが、僕は得意ではないのでやりません。

迂闊にポジションを取るとひどい目に合いますからね。

実は、僕の月初のトレード成績はあまり良くありません。

過去のトレード実績を振り返ってみても、会心のトレードというものは数えるほどしかありません。

これが実力といえば実力なんでしょう。

取り敢えず、いまは、意識してトレードしないようにしています。

どうしてもという場合は、枚数を減らして臨みます。

恐らく皆さんにも、苦手な地合というものがあると思います。

もし、まだ、自分のリズムを分析できていないのなら、是非、2、3ヶ月の間、トレードノートを付けて自分のクセみたいな、周期のようなものを探してみてください。

多分、一つや二つ、見つかると思います。

例えば、第三月曜日は100%負けてる、とか、金曜日の成績が良いとか。

僕は、最悪期が月初だということを知っています。

僕の場合、月初を無難に乗り越えられるかどうかが、毎月の大きな関心事です。

僕の過去のトレード実績では、月初以外の期間では、勝率70%、プロフィットレシオ2.7という数値が出ています。

この数値が自信となり、月初以外の期間に果敢に相場を張ることができるわけです。

しかし、月初はダメです。

一番無難な戦略は、トレードしないことです。

トレードしたくてウズウズするときは、デモトレードで気を紛らわすということもありますね。

今週は月初だし、夏休み前なので、トレードはお休みです。

資金を減らさないことが大切ですから。

では、また。

コメントフォーム