レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » マイルール

マイルール

category : テクニカル分析 2013.9.25 

ようやく過ごし易い季節になりましたね。

秋の夜長はFXでガッチリ儲けて、味覚の秋の食材を楽しんじゃいましょう!!

今月は、シリアに対する武力攻撃の可能性やら、米国の量的緩和継続などのサプライズで相場は若干値動きが不安定な面もありましたが、ようやくトレンドが戻って来そうな予感があります。

しっかりトレンドに乗れれば、大きな利幅も狙えると思いますので、じっくりタイミングを見て行きましょう。

さて、今日は、久々にメルマガの読者からメールを頂きましたので、了解を得てみなさんと内容をシェアさせて頂こうと思います。

=== ここから ====
こんにちは、なつめ様

いつもメルマガ配信、ありがとうございます。
なつめさんのご意見を伺いたく突然ですが、メール差し上げた次第です。

中略

このようにマイルールがいつまで経っても固まらないことにストレスを感じています。

なつめさんはルールをどのように設定していますか。

差し支えない範囲でよいので教えて頂けないでしょうか。

中略

よろしくお願いします。
=== ここまで ===

ということで、マイルールを紹介したいところなのですが、実は、マイルールといっても、僕の場合、1つではないんですよね。

というか、ゴルフに例えると、このコースはショートなので3番アイアンで行こう、とか、右にバンカーがあるからクラブを短めに持ってバンカーの手前に落とそう、とか、その場その場でベストなクラブを選択して、ベストな打ち方を戦略として考えるみたいに、その場その場の相場状況に応じてルールを換えているというのが本音です。

マイルールが1つしかないということは、18コースを全て1本のクラブで回ることに等しいです。

これは流石に無理があります。

相場によっては非常にボラティリティの高い状況もあれば、指標待ちとか状況難で方向感に乏しい状況もあります。

また、大きなトレンドが発生している場合もあるでしょう。

ということで、僕のマイルールはこれです、とお答えできないのです。

別に出し惜しみなどしている訳ではありません。

逆に言うと、例えば、下落トレンドが収束しそうな予感があるときにはどんなルールで望んでいますか、と聞いてもらえれば、答え易いです。

僕のルールでは、下落トレンドからの反転を狙う場合は、ストキャスティクスが20%ラインを上抜いて来て、ボリンジャーバンドのミドルラインの傾きが寝て来ているようであれば、枚数少なめでまずエントリしてしまいます。

その後、予想通り利幅が延びて来たら押し目を探して積み増ししていきます。

と、こんな感じでしょうか。

さて、頂いたメールの文面から受けた印象では、この方の一番の悩みは、マイルールが固まらないことに対する苛立ちのようなものを感じました。

僕が思うに、マイルールが固まらないと感じるのではなく、今の相場状況にこのルールが適応できていない、と考えた方が気が楽になると思います。

そのルールが間違っているのではなく、単に状況に適応していないだけです。

またゴルフに例えれば、バンカーにハマったゴルフボールをドライバで出そうとしても、それは無理です。

万能な手法はどんな分野でも存在しません。

是非、マイルールのバリエーションを増やすことを心がけください。

では、

コメントフォーム