レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » 我慢強さと未練は大敵!

我慢強さと未練は大敵!

category : テクニカル分析 2014.2.13 

今日は心理面のお話をしようと思います。

これからお話する事は、少なからずみなさん、経験があるのではないかと思います。

実は、僕もあります。

それも、一度や二度ではありません。

今でもその過ちを冒しそうになります。

あえて過ちと言い切るのには訳があります。

その理由はあとでお話するとして、さっそくその行為を説明したいと思います。

株式投資の世界では、

『塩漬け』

と呼ばれています。

『塩漬け株』と言えば、含み損を抱え、売るに売れない状況になり、長い間保有するはめに陥ってしまった株のことを言います。

これはFXの世界にも当てはまり、含み損を抱えたポジションをクローズしたくてもクローズできない状況になって、長い間保有するはめに陥ってしまうことがあります。

みなさんも思い当たるフシがあるのではないかと思います。

『もう少し我慢すればきっと反転するはず』

とか、

『きっとここが底値だから』

とか、そんな勝手な淡い期待でズルズルとポジションを持ち続けた結果、見事な『塩漬け』状態が出来上がることになります。

では、なぜ人は含み損を抱えてしまうとズルズルと行ってしまうのでしょうか?

これは偏に、損失を出したくない、といういたって単純な人間の心理から来ています。

誰だって損失を出すことは嫌です。

面白くないですし、認めたくもありません。

人間は感情で動く動物ですからどうしても損失を受け入れることを躊躇してしまうのです。

『なんとかしてプラスに持ち込みたい』

とか思い始めたら危険信号です。

我慢強い人や未練がましい人ほどこの傾向は強くなります。

そういう意味では、私は、男はダメだと思います。

男は我慢強いと思いますし、いつまでもフラれた女性を思い続けてしまいます。

ストーカー事件を起こすのは、大抵、男ですよね。

一方、女性はどちらかといえば諦めも早く、フラれたらさっさと次の恋を探すことができます。

我慢強く未練がましい男は、投資の世界でも同じ過ちを繰り返します。

冒頭、過ちという表現をしたのは、未練の度が過ぎると、何に付けその後、後悔しか訪れないからです。

ストーカー事件を起こして、好きな女性を殺害してしまうという最悪の状況まで引き起こす可能性があります。

FXの世界では、それは強制ロスカットです。

そして、市場から退場する羽目になります。

こと投資の世界では、我慢強く未練がましい性格というのは、百害あって一利なしです。

もしあなたが、我慢強かったり、未練がましい性格だったりするのであれば、常にそのことを意識して行動する方が良いでしょう。

是非、自身の性格を見つめ直してみて下さいね。

では、

コメントフォーム