レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » 待つことの大切さ

待つことの大切さ

category : テクニカル分析 2014.5.7 

みなさん、ゴールデンウィークはどのように過ごされましたでしょうか?

ようやく今日から平常どおりに相場と向かい合えますね。

僕はといえば、このゴールデンウィーク中は投資関連の書籍を読み漁っておりました。

今日は、その中で最も初心者向けの本を紹介したいと思います。

タイトルは、

えつこ×ザイFX!のFXは「待つこと」が一番大事!/ダイヤモンド社

です。

この本、本当に、かなり初心者向けなので、僕のメルマガの読者に紹介するほどの本ではないとも思うのです。

ですが、やはり大切なことが書かれていて、

「そうなんだよねぇ〜」

って納得しながら読んでました。

挿絵が多いので、読む速度が早い方なら2時間もあれば読めてしまう内容です。

で、どんな大切なことが書かれているのかと言いますと、

「待つことの大切さ」

です。

なんだ、本のタイトルまんまじゃん!!

僕のメルマガでも、何度となくエントリーしていい時間帯、つまりトレンドが発生する時間帯の話についてしてきましたが、この本でも、ファンダメンタルを確認し、その日、どの時間帯から相場が動きそうかを分析し、実際に相場が動き始めるのを確認するまでは、ひたすら「待つ」ことが大切だと説いています。

本当に僕もそうだと思います。

チャートを眺めていて、なんとなく上がりそうだ、とか、下がりそうだ、といった判断でエントリーしているうちは、到底勝つ事などできません。

その辺の話が分かり易く書かれているので、初心者の方は是非、手に取って読んでみて下さい。

ただ、ひとつ難点があって、この本の著者、えつこさんは、MT4の使用を前提にしているため、本編で解説されているテクニカル指標が全ての人に適用できるわけではないという点です。

まぁ、共感した人は、是非、MT4をパソコンに入れて同じチャートを出して確認してもらえればよいと思います。

えつこさんが、相場が動き出したかどうかを見極める際に使用しているテクニカル指標とは、以下のものです。

・ VQ
・BBandWidthRatio
・ADXDMI

たぶんFX業者から提供されるツールには無いと思います。

あってADXDMIのDMIもしくはADX部分だけですかね。

まぁ、僕も全ての業者のツールに詳しいわけではないのであまり適当な事書けませんが、少なくとも僕が口座を持っている複数の
業者のツールには見当たりません。

えつこさん曰く、BBandWidthRatioとADXDMIが共に上向きであることが、ひとつのエントリー条件になっています。

僕は、この2つの指標をこれまで使用したことがないため、これから検証してみようと考えている所です。

もし、えつこさんの言うように、シグナルとして使えそうであればこのメルマガでご報告したいと思います。

では、

コメントフォーム