レンサバを借りる
Home » トレード戦略, マインドセット » FX! 頭と尻尾はくれてやれ

FX! 頭と尻尾はくれてやれ

category : トレード戦略, マインドセット 2012.6.3 

あなたがFXで勝てないとしたら、それはト
レンドについて、見ている観点が間違ってい
る可能性があることをお話しました。

僕の友人は、トレンドを考えるとき、常に、
トレンドがいつ反転するのかばかりを考えて
います。

彼の言い分は、

トレンドの分岐点をいち早く掴んでエント
リーできれば、最大限の利益を得られる

です。

FXで勝てない人は、大抵、このような考え
が根底にあると、僕は思っています。

底値で買って、高値で売りたいという、欲張
りな気持ちです。

株取引の格言として、投資家なら一度は耳に
した事が有る以下のようなフレーズがありま
す。

『頭と尻尾はくれてやれ』

まったく、その通りで、この格言は、FXに
も当てはまります。

先号で書いた鉄則をもう一度思い出して下さ
い。

《鉄則》
トレンドの変わり目は、過ぎてみないとわか
らない

トレンドの変わり目は、魚の頭と尻尾に相当
します。

鉄則に従えば、トレンドの変わり目をしっか
り確認した時点で、魚の頭の部分は、もう、
食べることはできません。

尻尾もしかりです。

魚で一番美味しい所は、頭でも尻尾でもあり
ませんよね。

ですから、トレンドの変わり目を予想するの
ではなく、トレンドの変わり目をしっかり確
認してからエントリーしましょう。

では、尻尾の部分はどうかというと、トレン
ドの変わり目を確認するということは、一番
高値を確認して一段下がった部分でポジショ
ンをクローズするということになりますか
ら、尻尾の部分は頂けませんね。

よって、尻尾の部分もくれてやれ、なので
す。

この鉄則は、投資の世界で長く生きて行くた
めには、絶対意識しておかないといずれ大負
けして資産をすべて失うことになります。

繰り返しになりますが、自分勝手な推測でエ
ントリーするのは自殺行為です。

とは言っても、100%の確信を持ってエン
トリーできる人など居ないのも事実です。

最終的には、誰だって見切りエントリーする
ことになります。

ただ、勝てるトレーダーは、自分が取ろうと
しているポジションに対して、最大限の確証
の元にエントリーしています。

様々なテクニカル指標を検証し、様々なファ
ンダメンタルズを精査し、その上でエント
リーするのです。

このため、100%は無理でも、限りなく
100%に近い自信を持ってエントリーでき
るのです。

それでも、負ける時もあるということも覚え
ておいて下さい。

この世界で、勝率100%など、夢物語で
す。

以上のことから、勝てるトレーダーというの
は、取引回数は、自ずと少なくならざるを得
ないという事実があります。

僕は現在、月に多くても10回も取引してい
ません。

確証を持ってエントリーできるタイミングを
計っていると、どうしてもそれ位になってし
まいます。

そして、僕がポジションを取る時は、1日や
2日でポジションをクローズするようなスパ
ンではないため、なおさら取引回数は少なく
なります。

もし、あなたが、1日に何度も取引したくて
仕方ないというのであれば、僕の取引スタイ
ルは我慢がならないかも知れませんね。

でも、胸に手を当てて良く考えてみて下さ
い。

自分が何の為にFX取引をしているのか、と
いう目的の部分を。

勝ち負け抜きにFXというゲームがやりたい
のでしたら、デモトレードで十分ですよね。

FX取引でお金を儲けて、自由な生活を手に
入れたい、とか、お小遣いを月10万円くら
い稼ぎたい、という願いがあるはずです。

であれば、即刻、取引回数を減らすべきで
す。

何度も書きますが、FXの世界では、取引回
数を増やせば増やすほど、勝率は下がりま
す。

1日10回FX取引をする人が、上手い事9
回連続で勝てたとしても、最後の1回の取引
で大負けして、それまでの利益を一気に吹っ
飛ばすことなんて、ザラです。そして、その
日の利益は、結局、マイナスだったなんてこ
とになります。

コメントフォーム