レンサバを借りる
Home » トレード戦略 » FX! レンジ相場の難しさを痛感

FX! レンジ相場の難しさを痛感

category : トレード戦略 2012.6.15 

昨日は、何事にも戦略が必要だと言うお話を
しました。

また、以前には、FXに必要なマインドとし
て、周到さが必要と言うお話もしました。

ところが、僕自身、未だに読みが浅いという
か、周到さが足りないと言うのでしょうか、
反省することしきりです。

一昨夜、僕は、号外を出してポンド円のエン
トリー・シグナルのご報告をさせて頂きまし
た。

この読みは、大正解でした。

用意周到にエントリーの瞬間を探していまし
たからね。

ここまでの戦略は、我ながら完璧でした。

エントリーした瞬間からグングン上がり始
め、一気に30pips上げましたからね。

その後も順調にポンド円は上昇し、
高値は124.27円まで上げました。

僕の判断では、あそこでレンジ相場をブレイ
クすると読んでいました。

ところが、ボリンジャーバンドの+2σが
レジスタンスラインとなり、ものの見事に弾
き返されてしまいました。

僕は、ふたつミスを侵しました。

一つ目は、レンジ相場をブレイクするはず、
と自分勝手な判断をしたこと。

二つ目は、欧州の経済不安を軽視し、週足の
下降トレンドを無視したこと。

ガックリです。

では、どのような戦略を取るべきだったの
でしょうか?

僕は、以下のように結論を出しました。

まず、週足が依然、下降トレンドにあること
や、欧州の経済不安が再燃し始めていること
から、上昇は限定的と判断するべきでした。

よって、レンジ相場の上限に利益確定の逆指
値売りオーダーを建て、もし仮にレンジ相場
をブレイクしたら、ブレイク後の押し目で再
エントリーするべきでした。

今から思えば、これが王道であることを、
すっかり失念していました。

幸いにも、ポンド円が上昇してからストップ
ラインをエントリーラインより上に引き上げ
ていたので、若干のプラスで取引を終えられ
ました。

まだ、まだ、修行が足りませんね(泣)

コメントフォーム