レンサバを借りる
Home » トレード戦略 » FX! トレーディングノートを付けよう!

FX! トレーディングノートを付けよう!

category : トレード戦略 2012.6.19 

本号では、引き続きFX取引における戦略に
ついてお話します。

戦略を立てる上で、まず、意識しなければな
らない事があります。それは、どの場面を想
定しているのか、という点です。

例えば、ドル円が上昇トレンドに入り、短期
的にはトレンドが転換する気配がないとしま
す。

あなたはロングポジションを取る事を考えて
います。

このとき、あなたは、どのような戦略を立て
ますか?

以前にも同じような質問をしましたね。

このトレーニングは、日々、行った方がいい
です。

実際にポジションを取らなくても、取るつも
りでシミュレーションしてください。

戦略を立てる上で、まずは、場面を想定する
必要があります。

場面としては、

1.エントリー
2.トレンドフォロー
3.エグジット
4.トレンドアゲンスト
5.パニック

が挙げられます。

最低限、上記の場面について、ポジションを
取る前に、個々の戦略を立てておく必要があ
ります。

そして、必ずトレーディングノートにその
戦略を書いてください。

ポジションを取った後は、このノートに則っ
て行動しなくてはいけません。

人間は、忘れやすいので、戦略を立てても直
ぐ忘れてしまうものです。

また、行き当たりばったりの行動を取らない
ためにも、これは習慣付ける必要がありま
す。

僕は、ポケットに入る小さなノートを使用し
ています。

話が逸れてしまいましたので、元に戻しま
しょう。

まず、エントリーの戦略を立てる必要があり
ます。

これ無くしてFX取引はあり得ません。

本号では、エントリー戦略について、
お話します。

エントリー戦略で重要なことは、二つです。

1.想定している利幅
2.エントリーするタイミング

です。

エントリーする前に、今回の取引で狙ってい
る利幅が十分にあるのかを戦略上、検討しな
くてはなりません。

例えば、レンジ相場で上値レジスタンスライ
ンまで10pipsしかない状況でエントリーす
るのは、あまり賢いとは言えません。

次に、エントリーのタイミングです。

このタイミングを間違えると、その後の戦略
に余裕が無くなります。

想定利幅が小さい場合にはなおさらです。

エントリーする際は必ず、時間足や分足でト
レンドを確認し、出来るだけベストな、エン
トリーしたそばからエントリー方向へ動き始
めるような、タイミングを見つけるべきで
す。

これはトレーニングを積めば、読めるように
なりますので、日々、デモトレードでスキル
を上げてくださいね。

僕も、やっています。

コメントフォーム