レンサバを借りる
Home » マインドセット » FXトレーダーは孤独

FXトレーダーは孤独

category : マインドセット 2012.7.31 

さて、今日も竹井佑介先生のFXミリオネア
アカデミーのお話をします。

別に営業している訳ではありませんよ。

その前に、少し、僕の過去の話をします。

僕は、リーマンショックで1500万円もの
損失を出し、家族にも大変迷惑を掛けた過去
があります。

毎日眠れない日が続き、口を開けば、ため息
しか出てきません。

もともと泡銭だったと、自分に言い聞かせる
毎日でした。

しばらくはチャートを見るのも嫌でした。

自分にはトレーダーとしてのセンスなんか
無いに違いない。

これまで勝てきたのは、単なる流れに過ぎ
ない。

どうやってもこの先、1500万円を取り戻す
ことなんて、できないだろう、などと自暴
自棄にすらなっていました。

転機が訪れたのは、リーマンショックから
半年ほど経った3月下旬のことです。

僕たち家族は、引っ越しをすることになり
ました。

年明け早々に勤務地の移動が言い渡されて
いたのです。

サラリーマンである以上、避けては通れま
せん。

引っ越しの荷造りをしていると、出てくる
わ、出てくるわ。

FX関連の書籍だけで10冊以上、株を始め
とする投資関連の書籍を並べたら80数冊
あったと思います。

僕は、すべて捨ててしまおうと妻に言いま
した。

同じサイズの書籍を纏めて紐で縛っていると、
哀しい思いで一杯になりました。

何を勉強してきたのだろうか。

何の役にも立たなかった。

『僕にはもう必要の無い本だ』

『捨ててしまおう』

と心の中で繰り返しつぶやきながら作業し
ていました。

すると妻が、小さな声で、

『持って行ったら』

と僕の背中越しに呟いたのです。

僕は、ビックリして固まってしまいました。

リーマンショック以来、僕は、事あるごと
に妻から、FXから足を洗うように強く言わ
れていました。

その妻から、包み込むような優しい一言に
ビックリし、そして、救われたのです。

『本に責任はありませんからね』

妻は、そう言い残すとキッチンの奥に行って
しまいました。

僕は、引っ越し先に着いて生活が落ち着い
たら、もう一度勉強し直そうと誓いました。

妻に救われた書籍を最初から読み直そう、

そして、図書館の本も全部読んでやろう、

そうも誓ったのです。

さて、なぜ、冒頭、こんなお話をしたのかと
言うと、結局、僕は孤独なトレーダーだった
ことに気づいたのです。

いつもひとりで考え、悩み、そしてひとり
で決めなくてはならず、家族にも相談でき
ず、ひとりぼっちでした。

これまで独学で知識を溜め込み、孤独に
トレードを積み重ねてここまで来ました。

でも、竹井佑介先生のFXミリオネア
アカデミーは違います。

夢を同じくする仲間が大勢いて、互いに悩
みを分かち合い、アドバイスし合いながら
成長していけます。

僕は長く独学でやってきましたが、時代は
違うのだと気付きました。

セミナーの後の懇親会で色々な参加者と名
刺交換をしながらワイワイ、ガヤガヤ喋っ
ている内に、すっかり初心者の仲間入りを
して楽しい一時を過ごしました。

僕は、このメルマガを通してひとりでも多
くの仲間を作り、一緒にFXで大儲けでき
たら素晴らしいと考えています。

そこで、メルマガのタイトルも

なつめかづきの
“Beyond The Next Level FX”

に変更しました。

このタイトルには、竹井佑介先生の
Next Level FXの教えを守り、自らの境地
を切り拓き、いつかは Next Level FXの向
こうへ飛び立とう、という思いが込められ
ています。

長くなりましたが、今後とも、
宜しくお願いします。

コメントフォーム