レンサバを借りる
Home » トレード戦略 » スワップ金利では稼げない

スワップ金利では稼げない

category : トレード戦略 2012.9.3 

FXで稼ぐ方法は、為替差益以外にも、
スワップ金利で稼ぐ方法もあるという
お話を以前、しました。

これまで、あまりスワップ金利のことについ
ては、触れて来なかったので、今日は、

スワップ金利

について、少し、お話をします。

なぜ、これまで僕がスワップ金利の話を
あまりしてこなかったのかというと、
それには、理由があります。

簡単な理由なので、ここで回答してしまい
ますが、

つまり、

スワップ金利目当てのトレードは、あまり
お薦めではないからです。

なぜかというと、為替の変動による差損を
考えた場合、焼け石に水状態だからです。

例えば、高金利通貨として有名な豪ドルは、
現在、金利が3.5%です。

現在の豪ドル円の買いスワップポイントは、
大体、1万通貨で80円/日くらいですから、
一年で29,200円のスワップ金利を受け取れ
る計算です。

まぁ、結構な金額ですが、一年後の豪ドル円
が、3円、円高に振れたら、スワップ金利分
は、消えてなくなります。

2007年辺りの円安トレンドの時には、私も
これで大分稼いだのですが、昔の話です。

ただし、スワップ金利を気にしなくてよい
ということではありません。

スワップ金利は、気にして下さい。

高金利通貨を『売る』ときは!!

高金利通貨を『売る』ということは、毎日、
スワップ金利分の支払いが発生します。

ですから、日に日に、資産が目減りして行く
ことになります。

では、金利の支払いが発生するタイミング
は、いつなのでしょうか?

それは、基本的には、ロールオーバーが
発生した時です。

ロールオーバーとは、日を跨ぐことです。

では、日を跨ぐのは、いつなのでしょうか?

FX市場は24時間オープンしているので、日
の区切りというのが分からないですよね。

実は、ニューヨーク市場がクローズする
タイミングが区切りです。

ニューヨーク市場がクローズするのは、米国
時間の17時です。

日本時間に直すと、

夏時間で6時、冬時間で7時です。

この時間を跨いでポジションを保有した
場合、スワップ金利の支払いが発生します。

ポジションを保有していた長さは関係あり
ません。

この辺を逆手に取れば、ちょっとしたお小遣
いを稼げるかも知れませんね。

コメントフォーム