レンサバを借りる

下ヒゲ陽線

先号では、大陽線についてお話をしました。
本号では、下ヒゲ陽線についてお話します。

まず、画像を以下の確認してください。

下ヒゲ陽線

下ヒゲ陽線

下ヒゲ陽線とは、図のように、ボディの長さ
に対して、下ヒゲが長いのが特徴です。

陽線足ですから、価格は上昇して終わって
いるのですが、一般的な値動きの例として
右に赤いラインで示したような値動きとなり
ます。

注目して欲しいのは、その長い下ヒゲです。

この長い下ヒゲは、何を意味しているので
しょう?

分かりますか?

そうですね。

長い下ヒゲの部分は、売り圧力に押されて
売り物が売り物を呼んで値を切り下げたこ
とに寄るものです。

売り物が出尽くすと、今度は買い物が
どんどん入って来て値を戻し、結果的には、
その日の高値を付けて引ける形となります。

この形は、上昇相場でも下落相場でも、
どちらでも発生しますが、下落相場で出る
ことの方が多いです。

さて、長い下ヒゲは、安値を更新するような
売り物が出尽くしたことを意味しています。

つまり、

長い下ヒゲが現れた場合には、直近で
トレンドが変わる可能性が高いと推測でき
ます。

特に、下ヒゲ陽線が下落相場で発生した場合
には、翌日以降も陽線が続き、トレンド的に
は上昇相場に転換する傾向が強いです。

予測を確実なものにするためには、他の指標
と併せて検証する必要がありますが、

まずは、

下落相場で下ヒゲ陽線が出たら、ひとつの
買い場を形成することを覚えておいてくださ
いね。

では、次号をお楽しみに!

コメントフォーム