レンサバを借りる
Home » FXスキルアップ講座, テクニカル分析 » カラカサとトンカチ

カラカサとトンカチ

これまでローソク足の基本中の基本と陽線
足の代表的な形についてお話してきました。

大陽線
下ヒゲ陽線
上ヒゲ陽線

さて、本号では、これらの陽線足の基本形
から更に特徴的なローソク足のお話をしま
す。

これらのローソク足は、特に重要となりま
すから、必ず覚えてください。

まず、下ヒゲ陽線2を見て下さい。

これをカラカサと呼んでいます。

短い陽線のボディに対し、下ヒゲが異常に
長いのが特徴となります。また、上ヒゲが
無いことにも注目してください。

このカラカサが下落相場で出現した場合に
は、それまでの下落トレンドの終焉を示唆
することが多いです。

ただし、その勢いは、ヒゲの長さと直近の
ローソク足と併せて判断する必要がありま
すので、短絡的に捉えないでくださいね。

このカラカサが上昇相場に出現した場合に
は、以前お話した下ヒゲ陽線と同様、一旦
下げ相場に転じる可能性を示唆しています。

この場合には、押し目買いのチャンスとなり
ますので見逃さない様にしてくださいね。

同様に、上ヒゲ陽線2も重要です。

図を見て下さい。これをトンカチと呼んで
います。

よく、カラカサとトンカチのどちらも
トンカチと呼んでいる人がいますが、正式
には、下ヒゲ陽線をカラカサと呼び、
上ヒゲ陽線をトンカチと呼びます。

まぁ、どうでもいいことですが、リテラシー
が低いと、どうしてもレベルが低く見られて
しまうので、言葉は正しく使いましょうね。

さて、このトンカチですが、注意点は、
先ほどのカラカサの逆ですので、説明は省き
ます。

カラカサとトンカチは、どちらも出現したら
要注意ですよ。

では、また。

コメントフォーム