レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » 株式相場と為替相場

株式相場と為替相場

category : テクニカル分析 2012.10.25 

取り敢えず、今日で一旦、竹井佑介先生の
実践ライブトレード1日集中合宿の内容に
ついての話は、終了したいと思います。

というか、

もう、特に1日集中合宿の内容と断ることも
ないのかな、と思ったので、来週からも引き
続き合宿での話は、して行きたいと思いま
す。

話すことはいっぱいありますので、、、

さて、今日は、株の話をします。

FXなのに何で株の話を持ち出すのかという
と、

実は、株式相場が為替相場に与える影響とい
うのは、結構、大きいのです。

また、逆も然りです。

新聞を呼んでいると、

「円高を嫌気して輸出企業の株が売られた」

なんて記事をよく目にしますよね。

円高になれば、当然、輸出企業に取っては、
収益を圧迫する主要因で、

1円の円高で30億円の利益が無くなるなん
て話をよく聞きますよね。

これは、為替相場が株式相場に与える影響
であって、比較的理解しやすいのではない
でしょうか?

では、株式相場はどのような理屈で為替相場
に影響を与えるのでしょうか?

例えば、最近では、日経平均が100円以上も
上げたりすると、15:00以降に為替が円安
方向に大きく動くことがあります。

これは、日本の企業業績に対し好条件が出た
と解釈され、それはひとえに円安方向のバイ
アスが示されたという経緯から、為替の市場
参加者の心理としては、円を売った方が良い
という判断がなされ、為替市場は一斉に円売
りへと傾倒していきます。

この結果、円安方向へと動くのです。

一方、NYダウが大きく上昇した場合には、
米国の景気回復期待から米ドルが買われま
す。

この影響で、円は売られ易くなります。

面白いですね。

是非、株式相場にも注目してFXに取り組む
ことをお勧めします。

では、また。

コメントフォーム