レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » CDSとは!

CDSとは!

category : テクニカル分析 2012.10.30 

今日のスキルアップ講座では、少しファンダ
メンタルな話をしようと思います。

CDSという言葉を聞いた事がありますか?

当然の事ながら、CDSは英語の頭文字3文字
を取ってCDSと呼んでいる訳ですが、この
CDSを意識せずにトレードしているという
のは、非常に暢気と言わざるを得ません。

CDSは、Credit Default Swap(クレジット
・デフォルト・スワップ )の頭文字を取った
ものですが、これは、金融派生商品のひとつ
になります。

金融派生商品の中でも、クレジット・デリバ
ティブという企業や国家が発行する債権のデ
フォルト(債務不履行)のリスクを取引する商
品の一種で、信用リスクを移転するデリバ
ティブなのです。

CDSの仕組みは複雑ですから、その仕組み
を理解するのは結構頭を使います。なので、
ここでは要点を簡単に説明します。

CDSの数値を見て何を思うか?

これがトレーダーに必要な観点の全てです。

CDSは、要は、債権の保険です。いわば、
債務不履行(デフォルト)になった場合に被る
損害額を補填してもらえる保険と考えれば
よいです。

突然ですが、自動車保険の場合、運転免許を取り立ての人は保険料が高いですよね。

これは、若葉マークの人の事故率が高いた
め、保険会社としては、保険料を高くしない
と保険料の支払いで赤字になってしまうから
です。

同様にして、CDSは、企業や国家が発行し
た債権がデフォルトになるリスクが高けれ
ば、当然、CDSを高くせざるを得ません。

つまり、

CDS値が高い国債とは、その国の財政が
危機的状況にあることと同義です。

トレーダーとしては、どの国の国債のCDS
がどれくらいの数値なのかを把握しておく
ことは重要です。

現代はグローバル社会ですから、どこかの
国がデフォルトにでもなれば、その余波が
全世界に波及します。

CDSの値動きが把握できていれば、それだ
け危険予知が早くできます。

そして、

間違いなく訪れる大相場で大勝ちするための
準備ができるのです。

是非、頭に入れておいてくださいね。

コメントフォーム