レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » もうはまだなり、まだはもうなり

もうはまだなり、まだはもうなり

category : テクニカル分析 2012.11.6 

今週からスキルアップ講座では、投資の格言
のお話をしてしています。

今日の格言は、

『もうはまだなり、まだはもうなり』

です。

この格言は、つまり、

『相場の動きを捉えるのは難しい』

という意味です。

これだけ上がったのだから、もう下がるだろ
うと思って売ったら、もっと上がった、とい
うように、相場は読めないものだということ
を教えてくれています。

確かにこれは当たっています。

為替が一気に上昇して移動平均からの乖離率
が高くなると、もうそろそろ下がるだろうと
誰しも思ってしまいますよね。

それに、

ボリンジャーバンドの考え方では、±2σを
超えるような動きは、それ自体が非常に稀な
状況を意味している訳で、下落して当然と
いった読みがあるわけです。

でも、

そのようなときは、往々にして、バンド
ウォークして更に高値を更新して行ったり
します。

僕はとしては、

『相場を読むな』

に尽きます。

相場を読もうとすると、どうしても主観が
入ります。

ポジションを持っていたら、なおさら自分に
都合のいい様に相場を読んでしまいます。

人間の脳はすばらしいので、自分に都合の
悪い部分を無意識のうちにマスクしてしまい
ます。

脳が見えなくしてしまうのです。

ですから、

『相場を読むな』

なのです。

では、また。

コメントフォーム