レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » 早耳の耳倒れ

早耳の耳倒れ

category : テクニカル分析 2012.11.8 

今週からスキルアップ講座では、投資の格言
のお話をしてしています。

今日の格言は、

『早耳の耳倒れ』

です。

この格言は、つまり、

『いち早く入手した情報がかならずしも
利益をもたらしてくれるとは限らない』

という意味です。

よく、業界の人は一般投資家より先に情報
を入手できるから勝てる、みたいなことを
言う人がいますが、

この格言は、そんなこともありませんよ、
と言っているのです。

確かに業界の人というか、投機筋やファンド
といった機関系は絶対的に情報の入手が早い
のは間違いないところだと思います。

ただし、

この早耳で勝てる機会というのは、それほど
個人のトレーダーにとっては美味しい機会
ではないことに気付きます。

なぜかというと、

この早耳部分は、行って来いになる傾向が
非常に高く、実は、その後に形成される
比較的長めのトレンドの方が実入りが大きい
というのが僕の実感です。

ですから、

一般のトレーダーさんは、早耳部分は捨てて
もいいと思っています。

この格言に対し僕が思う所は、

『遅耳の食い倒れ』

でしょうか。

では、また。

コメントフォーム