レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » ダブルで逆張り?

ダブルで逆張り?

category : テクニカル分析 2012.11.18 

先日、以下のような質問をメールで頂きました。

〜ここから〜
なつめ様

いつも楽しく読ませて頂いています。

(中略)

私は別に逆張りオタクではないのですが、
なぜか、「ここだ!」と思うエントリーの
タイミングは、トレンドとは逆の場合が
多いです。そして、なかなか勝つことも
できていません。

(中略)

どうすれば順張りのエントリータイミング
を取れるようになりますか?
〜ここまで〜

なるほど、なるほど。

その気持ち、僕は痛い程わかりますよ。

特にトレンドに勢いがあるときなどは、価格
が急激に伸びてボリンジャーバンドの2σに
沿ってバンドウォークを始めます。

初心者の頃はどうしても、

「これだけ上げたんだから、もうそろそろ
下げる(上げる)だろう」

なんて根拠のない期待が頭を過ります。

ちゃんと根拠があれば、逆張りは逆張りで
稼げるチャンスですから、良いと思います。

例えば、抵抗線が控えていて為替の動きも
重たいようなら、逆張りでエントリーしても
良いと思います。

ただ、ここで注意して欲しいことがありま
す。

逆張りでエントリーする時に、ダブルで
逆張りしたりしていませんか?

ということです。

何を言っているかというと、

例えば、上昇トレンドが始まり、価格も急上昇しています。そして、ローソク足がバンド
ウォークを始めたとします。

直近に厚い抵抗帯があってあなたは一旦下げ
るだろうと読んだとします。

この時点でショートでエントリーすると、
ダブルで逆張りすることになります。

つまり、

上昇トレンドに対してショートしたという
1つ目の逆張りと、

実際に短期の下降トレンドが始まったことを
確認する前にショートしたという2つ目の
逆張りです。

2つ目を逆張りと呼ぶかは疑問ですが、
要は、トレンドが始まってから、トレンド
の方向へポジションを取るのが順張りです。

まだトレンドが始まっていないのに先走って
ポジションを取るのは、逆張り行為になり
ますので、注意してください。

質問者が逆張りで損失を出している背景に
は、この先走り傾向が強いのではないかと
推測しました。

アドバイスとしては、

ポジションを取る時は、想定した方向へ価格
が動き始めたのを確認してから取る

です。

コメントフォーム