レンサバを借りる

複利

category : テクニカル分析 2012.11.28 

今日のスキルアップ講座では、複利のお話を
しようと思います。

みなさんも複利という単語は知っていますよ
ね。

もし、よく分からない、というのであれば、
多少、問題があるかも知れません。

どういう問題かと言うと、

もしかしたら、そんなあなたは、なぜか資産
がちっとも増えて行かない、と嘆いているか
も知れませんね。

同じように稼いでいる友達が急激に資産を
増やしているのに、なぜ自分の資産は増えな
いのだろうか、と、、、

それはつまり、複利という考えを取り入れて
資産を運用していないからです。

複利とは、複利法によって計算された利子の
ことで、元金によって生じた利子を元金に組み入れて次回の利子を計算する、というもの
です。

複利の極端な例になりますが、

いま、厚さ1mmの巨大な新聞紙があるとし
ます。

これを1回折り畳むと、厚さは2mmになり
ます。

2回折り畳むと、厚さは4mmになります。

さて、

何回折り畳むと、富士山を超えられるでしょ
うか?

答えは、

22回です。

たったの22回折り畳んだだけで、富士山を
超えてしまうのです。

計算してみましょう。

1回目 2mm
2回目 4mm
:
10回目 2^10mm = 1024mm
:
20回目 2^20mm = 1048576mm
= 1048m
21回目 2^21mm = 2097m
22回目 2^22mm = 4194m

こんな計算をお金で考えたら凄いですよね。

まぁ、そんな心配は要りませんが。

明日は、具体的な複利のお話をします。

楽しみにしていてくださいね。

コメントフォーム