レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » あなたはホームランバッター?それとも・・・

あなたはホームランバッター?それとも・・・

category : テクニカル分析 2013.1.7 

FXで稼ぐには戦略が不可欠な要素となります。

唐突ですが、

あなたはホームランバッターですか?

それとも、

あなたは打率重視のバッターですか?

つまり、

勝率は低いけれども勝つ時は100Pips穫るトレーダーですか?

それとも、

勝率は高いけれども利益幅は10Pips程度のトレーダーですか?

自分はどちらのタイプのトレーダーなのか分かっていますか?

これもひとつの戦略です。

勝てないトレーダーに限って自分がどちらのタイプの
トレーダーなのかも分かっていない場合が多いです。

もっと基本的なことをお話すると、

勝率を重視しているトレーダーが、利幅は30Pips以上
欲しい、などと考えているとしたら、それは戦略ではなく、
単なる欲張りです。

こんな考え方で勝率を高くすることなど、僕の経験からして
極めて不可能です。

勝率を上げるためには、利幅は犠牲にする他、戦略としては
有り得ないと考えて下さい。

それでも勝率としては8割行けば素晴らしい成績です。

ですが、ここにも問題があります。

2割の負けトレードで被る損失がどれくらいか?

という問題です。

例えば、

勝率8割だとして、勝ちトレードで得られる利幅が10Pipsだと
します。

10回トレードしたとすると、うち8回が勝ちトレードですから、
トータルの利益は80Pipsとなります。

ここで、2回の負けトレードの損失のトータルが-80Pips、
つまり、1回の負けトレードの平均が-40Pipsだとすると、
差し引き0Pipsとなり、勝率8割の意味はなくなります。

苦労して勝率8割にしても、2割の負けトレードでパーです。

仮に負けトレード時の損失が平均で-20Pipsであれば、
トータルで40Pipsの利益です。

しかし、10回もトレードしてトータルで40Pipsの利益しか
穫れないとしたら、あまり戦略としては良くないですね。

逆に、あなたがホームランバッターだとしたらどうでしょうか?

打率にして2割です。

このとき、勝ちトレードの平均利幅が100Pipsだとした場合、
トータルの利益は200Pipsになります。

一方で負けトレードが平均で-20Pipsだとすると、8回の負け
トレードでトータルの損失は-160Pipsになります。

勝ちトレードの平均の利幅が80Pips以上なければ利益を出す
ことができない計算です。

勝ちトレードの平均利幅が100Pips穫れたとして、ようやく
40Pipsの利益です。

この戦略もあまり良いとは言えませんね。

ここから言える事は、現在のあなたの平均利益と平均損失
から、

勝率をどれ位に高めなければならないのか?

勝率を高めるのが難しいなら、

利益と損失のバランスをどれ位に設定する必要があるのか?

計算して戦略を立てておく必要があるということが
分かるでしょう。

コメントフォーム