レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » 今日のエントリーポイントGBP/JPY

今日のエントリーポイントGBP/JPY

category : テクニカル分析 2013.1.16 

今日のエントリーポイントはGBP/JPYになります。

早速、1/15日のポンド円のチャートを見て下さい。
こちらは一時間足になります。

前回と同様、表示している指標は、

・ボリンジャーバンド
・75MA
・パラボリックSAR

です。

チャートは、こちら

チャートの解説ですが、まず、午前11時の足を見て下さい。

この長い実体を伴った陰線は、甘利経済再生相の

「過度な円安は輸入物価に跳ね返り、国民生活にマイナス」

の発言の影響に寄るもので予測は不可能だと思います。

この流れを受けて次の足が陰線となり、上昇トレンドを示す緑色のPSARのドットを切ったため、この時点でトレンドは下降トレンドを示す赤いドットが点灯していることが分かります。

赤いドットが確定した時点でエントリー方向を検討します。

為替は75MAの下に位置し、その上にボリンジャーバンドのミドルラインが下向きで抵抗線として走っています。

この場合、戻しの勢いが強ければボリンジャーバンドのミドルラインまで戻す事も考えられますが、11時の長い陰線を見れば、それは考え難いです。

考えられるケースとしては、13時の足も陰線を付けるか、もしくは、陽線を付けて75MAで抑えられるか、のどちらかです。

よって、13時の時間足がどのような形で終わるかをモニターします。

結果として、今回は実体の短い陽線で終わりました。

75MAにも届きませんでした。

つまり、戻す勢いは弱いと判断できます。

そこで14時の時間足が陰線になればショートでエントリーです。

時間的にもよいです。

本日の日経平均は△77円51銭ですから、それほど為替には影響を与えないため、円高傾向は続くと予測できます。

よって、15時の時間足が陰線転換した時点でエントリーするのがベストなタイミングと言えます。

とは言うものの、その後、戻しが入り、ヒヤヒヤさせられましたが、21時前にクローズできれば100pipsゲットです。

実は、このトレードは僕の今日の会心のトレードでした。

かなり上手く行ったと思います。

毎回こんな風に勝てると最高ですね。

−−

コメントフォーム