レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » エントリーはミドルラインから!!

エントリーはミドルラインから!!

category : テクニカル分析 2013.1.30 

今回のエントリーポイントを探せ♪は、昨日1月30日のGBP/AUDです。

この記事を書いているのは、当日の23時頃で、米国のFOMCの発表前の記事になります。

では、解説です。

チャートはこちら

画像は、GBP/AUDの1時間足のチャートです。

表示させているテクニカル指標は、

・ボリンジャーバンド
・パラボリックSAR
・75MA

です。

今回のエントリーポイントは、18:00でした。

昨日のGBP/AUDはNY時間の流れを受けて午前中はもみ合いとなりました。

11時を過ぎると価格はボリンジャーバンドのミドルライン(青)を割り込んできました。

このとき、PSARも下落トレンドを示唆しており、目先−2σまで下げることが予想されました。

ただ、GBP/AUDはここ何年も安値を切り下げていた下落トレンドがようやく横ばいに転じてきているのが月足などを見ると分かります。

かなり要注意な通貨ペアです。

なのでこれ以上の下落は予想し難く、一昨日来、横ばい傾向にあるため、この下げは先日もお話したように、急上昇前の騙しと考えることができます。

ボリンジャーバンドのミドルラインの傾きを見ても、ここから下げるとは思えません。

次はロングでエントリーするベストなタイミングを探すだけです。

ローソク足がミドルの下に位置している間は、何があるか分からないので、安全を取って様子見です。

16時のローソク足が一気に長い陽線となり、下落トレンドを示す赤いドット列をブレイクしているのが分かります。

この時点でPSARは上昇トレンドを示す緑のドットが点灯しています。

いよいよエントリーのタイミングの準備です。

ドット列をブレイクした後、予想される価格の動きは2つです。

そのまま上げて行くか、一旦下落するか、です。

ここは非常に判断が難しいところです。

事実、17時台のローソク足は長い上ヒゲを付けており、一旦は上昇するも、売りに押されてミドルラインを割って、やはり長い下ヒゲをつけています。

この時間帯の早期にエントリーした人は、多くが損切りに掛かってしまったのではないでしょうか?

ベストなエントリータイミングは、18時の足です。

18時の足の始値はボリンジャーバンドのミドルラインより上から始まっており、ミドルラインに近い位置から始まっていますから、
損切り幅も狭く設定できる上、2σが開き始めていますから、非常に期待できる形でした。

このタイミングでエントリーするのがベストだと言えます。

では、また。

コメントフォーム