レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » スパイクにやられた!

スパイクにやられた!

category : テクニカル分析 2013.2.13 

今日のエントリーポイントを探せ♪は、GBP/USDです。

では、さっそく解説して行きたいと思います。

チャートは1時間足になります。

チャートには、

・ボリンジャーバンド
・パラボリックSAR
・75MA

を表示させています。

図中の赤い下矢印が実際にエントリーしたローソク足になります。

エントリーの判断としては、まず、

午後1時に高値を付けた後、陰線のローソク足が三本続き、それまで上昇トレンドを示していた緑色のPSARのドットをブレイクしました。

午後4時のローソク足に下落トレンドを示す赤いPSARのドットが点灯しました。

このとき、終値は丁度ボリンジャーバンドに非常に近い位置で引けています。

ボリンジャーバンドのミドルラインが上向いているのが若干気になりますが、2時間足や4時間足のミドルラインは下向きなので、
下落トレンドは間違いないと確信してショートでエントリーすることを決めます。

次に、午後5時からのローソク足の始値がミドルラインの下から始まり、陰線転換したのを確認してショートでエントリーするのがベストなエントリータイミングです。

ただ、午後7時の長い上ヒゲが恨めしいですね。

この長いヒゲに巻き込まれないためには、ストップの位置を赤いPSARのドット位置まで後退させることです。

ですが、もし本当にトレンドが上昇した場合、非常に大きな損失を覚悟する必要がありますので、やはりストップはミドルラインの上に設定するのが安心だと思います。

今回は残念な結果になりましたが、これも相場の内でしょう。

では、また。

コメントフォーム