レンサバを借りる
Home » テクニカル分析 » 理想的なエントリーポイント

理想的なエントリーポイント

category : テクニカル分析 2013.6.12 

今日のエントリーポイントを探せ♪は、今日のAUD/JPYです。

では、さっそく解説して行きたいと思います。

いつものようにチャート画像で確認願います。

チャートは1時間足になります。

チャートには、

・ボリンジャーバンド
・パラボリックSAR
・75MA

を表示させています。

今回ご紹介するエントリーポイントは、非常に理想的で、安心してエントリーできる形を形勢していた例になります。

ぼくは資金をドル円に振り向けていたので実際にはエントリーしていませんが、非常にチャンスだったと思います。

では、解説していきましょう。

何が理想的かと言いますと、9時のローソク足が長い実体を伴ってボリンジャーバンドのミドルラインを超えて来たと同時に、パラボリックSARが上昇トレンドに転換したことを示す緑のドットを点灯させています。

この時点では、ボリンジャーバンドのミドルラインが下向きのため、しばらく様子を見て、価格がミドルラインまで落ちて来るのを待ちます。

すると、13時のローソク足が下ヒゲを付けて陰線で終わっています。

この時点でボリンジャーバンドのミドルラインはほぼ水平になりましたので、14時の足がミドルラインより上から始まって、かつ下ヒゲがミドルラインに抑えられる形で陽線転換した時点がベストなエントリーポイントになります。

正しく理想的なチャートパターンを形勢していました。

利確ラインを75MAの少し下に設定しておけば1円取れた形になります。

このパターンは結構見受けられますので、チャートパターンを記憶しておくとよいと思いますよ。

では、また。

コメントフォーム